1. レーザ加工用ガラスの開発
 電圧印加を併用した固体イオン交換法を用いてガラス中に金属ナノ微粒子を添加し,レーザ加工に適したガラスの開発を行っています.
ガラス中の金属ナノ微粒子は,紫外域の光吸収率の上昇や,ガラス表面の強化をもたらし,加工効率の向上や加工時の割れ・欠けの抑制に大きな効果があります.本研究では,添加元素として銀や銅を用いて,レーザ加工性向上を確認しています.
 
 
 
 
 

 
Comments